新郎新婦のための結婚式招待状の書き方・送り方

>

招待状を作るときどんなことに気をつけたらいいの?

招待状で押さえておきたいポイント

招待状には、本文、披露宴の日時、受付開始時刻、式場名と所在地、電話番号、差出人の名前、差し出し日、出欠の返事の締切日を記載します。このときいくつかの注意点があります。
本文には「忌み言葉」や「重ね言葉」はタブーですし、句読点も「切れるや終わる」ことを暗示するので使用しません。
差し出し日には縁起のよい日を示すために、語尾に吉日と入れます。
出欠の返事の締切日は結婚式の1ヶ月前の吉日を設定するとよいでしょう。
ここで一番気をつけなければならないことは、差出人をどうするかということです。披露宴の費用を親が負担する場合、差出人は新郎新婦の親になります。一方、費用を新郎新婦が負担する場合は本人の名前を書くのが本来の形です。差出人によって、文面の内容が異なり、親の名前で出す方がかしこまった印象になります。招待客の客層やどんな結婚式にするかで変わるので、両家の親と相談して決めましょう。

一緒に同封するものにはなにがあるの?

招待状の作成が済んだら、次は一緒に同封するものを準備します。同封するものとして、会場案内・地図、出欠返信用はがき、必要なメッセージカードなどです。出欠返信用はがきには慶事用の切手を貼ります。メッセージカードには、祝辞やスピーチ、余興、受付の依頼をお願いするときに使います。
祝辞やスピーチ、余興、受付の人選をし、事前に連絡しておくとよいでしょう。祝辞は主賓に依頼します。主賓は、両家の主となるゲストで、社会的に地位のある人や直属の上司にあたる人を指し、祝辞を述べたり、乾杯の音頭をとったりしてもらいます。スピーチは新郎新婦の友人や仕事の同僚などに依頼します。余興は、新郎新婦互いに1~2組ずつ依頼します。式場の時間配分をあらかじめ伝えておくとともに、必要な機材や演出の可否などを会場と連絡調整する必要があります。